うまい焼酎を探して

うまい焼酎を探し求めて旅しています・・・

五一ブランデー

長い雨の季節が始まりました。

f:id:toraloc21:20190630130813j:plain

本日ご紹介するのは、「五一ブランデー」です。

長野県は塩尻市の林農園さんの一品です。

林農園さんは、明治44年に創業者である林五一氏が長野県の桔梗ヶ原に入植しブドウの栽培を始めたことに始まるようです。

ワインの醸造を始められたのは大正8年からで、今日まで長きにわたりワインを造られているワイン蔵のようです。

すごいですね。

ブドウを栽培されている桔梗ヶ原は、海抜700mの丘陵地帯で日本有数のブドウ・ワインの産地であり、林農園さんでは昼暑く夜涼しい気候を活かしブドウを栽培されておられるようです。

ブドウの栽培から醸造、瓶詰まですべて一貫生産され、そのワインを使用して造られたのが、この「五一ブランデー」ということになります。

原料に使用されているブドウは、白ワインを造られるナイアガラという品種ということです。

アルコール度数は37度で、V.Oですからvery old 11~15年熟成となりますでしょうか。

ナイアガラで造られたワインを2度単式蒸留、樫樽で長期熟成された純国産ブランデーであります。

 

それでは開栓してみましょう。

香りはといいますと、ブランデーならではのあの甘~い香りです。

ただ香りはそれほど強くない感じがします。

では定番のロックでといきたいところですが・・・今回はブランデーということで生地でそのままいただいてみましょう。

ただブランデーグラスは持ち合わせていませんので、グラスはいつものグラスでいただきます。

口に含みますと、まず口いっぱいにしっかりとした甘みが広がります。

口当たりは円やかで優しいですね。

すると直後に、ぶわっと香りが一気に鼻に抜けていきます。

キレはとてもよく、最後はゆらゆらとほんのりとした甘みの余韻です。

おぉぉ・・・なかなかうまいです。

長期熟成酒らしい口当たりは、なんとも円やかで優しく、全体的に雑味といったものは皆無で非常に洗練された味わいに感じます。

飲み進めると、最後の最後にごくわずかなほろ苦さ、これも心地良いですね。

普段はブランデーを口にすることがほぼないので、衝撃的かつ新鮮に感じました。

個人的には林農園さんの純国産ブランデー、なかなかイケるのではないかと思います。

いろんな原料やいろんな醸され方をする蒸留酒を試してみると、蒸留酒の奥深さを一層深く感じますね。

ブランデーもまたしかり奥が深そうなので、また機会あれば他のブランデーを試してみたいなと思います。

 

先日、一人でふらっと魚釣りに出かけてみました。

そしてこんなモノが釣れました。

f:id:toraloc21:20200606125132j:plain

30cmほどのアイゴです。(地元ではバリと呼んでいます)

小アジを釣るつもりで防波堤の足元でサビキをしていたら、これが掛かりました。

当然タモは準備しておらず、引きが強い魚ですから悪戦苦闘、魚が大人しくなるまで粘った末にコボウ抜きしました(笑)

バレなくて良かったです。

ちなみにアイゴは背ビレや尻ビレなどのヒレの先に毒があって、迂闊に触って刺されようものならそれはもうエライことになります。

しかしながら、刺身でよし、煮つけでよし、塩焼きでもよしというとても美味しい魚でもあります。

ところが内蔵が死ぬほど臭くて、釣ったその場で〆て毒ビレを切断し頭を切断して内蔵を傷つけないよう引っ張りだすという処置をしておかないと、なかなか食べる気になれない魚でもあります。

十分なお刺身サイズではありましたが、処理の準備を何もしてなかったのであえなくリリース。

海中にもどって行くアイゴ・・・ただただ名残惜しく眺めておりました。

 

 

 

 

 

 

蛙の寝言

ゴールデンウィークもステイホームで終わろうとしています。

f:id:toraloc21:20200126104331j:plain

麦焼酎蛙の寝言」です。

鹿児島県は阿久根市にあります、鹿児島酒造さんの一品です。

鹿児島酒造さんの麦焼酎は、ずいぶん前になりますが「大島」をご紹介させていただきました。

麦焼酎大島」は、ほんのり麦チョコ風味のうまい焼酎で、自分のお気に入りの一つでもあります。

大島」は”黒瀬杜氏”と呼ばれる黒瀬安光氏により手掛けられていますが、今回ご紹介する「蛙の寝言」も黒瀬安光氏が手掛けられています。

ラベルのベースは緑色、でっかいオタマジャクシのシールと水連の葉の上で気持ちよさそうに寝ている蛙、メタリックグリーンの蛙のシルエットが描かれています。

緑は健康を表現、モチーフとされている青蛙は天災を予知できる神であり、大変縁起の良い福の神でもあるようです。

赤文字で”福カエル 若カエル 幸せカエル”とありますが、蛙の福の神様ならではの縁起の良さですね。

さて、前回ご紹介した「大島」は常圧蒸留で醸されていましたが、「蛙の寝言」も同じ常圧蒸留となっています。

しかしながら「大島」は麦麹・白麹仕込みでしたが、「蛙の寝言」は麦麹・白麹と黒麹のブレンドとなっております。

このへんの違いが味わいにどう出るか、とても楽しみですね。

ちょうど田植えの始まるこの季節、外では蛙の元気な鳴き声が聞こえます。

今宵は蛙の鳴き声を肴に、「蛙の寝言」をいただいてみましょう。

 

栓を開けますと、それほど麦麦しくはないとても甘~い香りが漂います。

では定番のロックでいただいてみましょう。

口に含みますと、まずどっしりとした麦の甘みが広がります。

その直後に甘みはすっと消えて、変わってガツンとドライな味わいが広がります。

後味は、ドライな風味の中にビターな風味がフェードインし、直線的にドライビターな味わいです。

そして最後に、ごくほんのりとスモーキーな麦の芳ばしさが優しく鼻に抜けます。

う~ん・・・・うまいですねぇ。

どっしりとした甘みとドライビターな後味は、どちらかと言えば黒麹らしい焼酎といった印象です。

しかしながら、口当たりの円やかさや後味の優しさは白麹の焼酎といったところでしょうか。

黒麹の特徴と白麹の特徴を、黒瀬安光氏の技でうまくコラボされたうまい焼酎であります。

ここで、常備の「大島」と飲み比べてみました。

口当たりの円やかさと最後まで優しい甘み、スモーキー麦の芳ばしさの優しい余韻・・・

やはり白麹らしい焼酎ですね~あらためて実感です。

このへんの麹の違いを、じっくり楽しめるのもなかなか面白いです。

鹿児島酒造さんの醸す焼酎のレベルの高さを感じます。

蛙の寝言」、「大島」どちらも麦チョコ風味を好まれる方であれば、気に入っていただけるのではと思います。

優しく円やかな味わいを求められるなら「大島」、どっしりとした力強さを求められるなら「蛙の寝言」というところでしょうか。

 

遠くに蛙の鳴き声を聞きながら「蛙の寝言」を味わいつつ、”平穏な日常にカエル”ことを切に青蛙の神様にお願いしたいですね。

 

 

北谷長老

桜が咲き始めました。

f:id:toraloc21:20191109132750j:plain

琉球泡盛北谷長老(ちゃたんちょうろう)」です。

沖縄県北谷町の北谷長老酒造さんの一品です。

北谷長老酒造さんは、1848年(嘉永元年)から前身である玉那覇酒造として創業され、2006年に北谷長老酒造に社名を変更、今日まで長きにわたり泡盛を造られています。

銘柄名はこの社名と同じ「北谷長老」の他に、玉那覇酒造時代からの「一本松」というのがあるようです。

”北谷長老”とは、慶長の始めに琉球臨済宗妙心寺派禅宗を伝え、その生涯を民に尽くし尊崇された僧侶、南陽紹弘禅師の愛称なんだそうです。

銘柄名は、その長老伝説にならい高僧の愛称にちなんで命名されたようですね。

今回この「北谷長老」を試すことになったのは、昨年の秋に沖縄を訪れたことがきっかけです。

せっかくの沖縄で本当はじっくりと泡盛選びをしたかったのですが、それも叶わず帰りの那覇空港のお土産屋さんで、出発前にバタバタ入手した次第であります。

お土産屋さんのおばさんの一押しが、この「北谷長老」でありました。

ともあれ、泡盛を試すのは久しぶりになります。

どんな味わいなのかとても楽しみです。

ちなみにアルコール度数は30度となっております。

タイ産米を原料に黒麹・米麹仕込み、常圧蒸留で醸された泡盛であります。

 

それでは開栓してみましょう。

香りはといいますと、しっかりとした甘~い米の泡盛らしい香りですね。

ではでは定番のロックでいただきます。

口に含みますと、ぶわっと米の香りがまず膨らんでほんのりとした甘さが広がります。

やがて辛味がフェードインしてきて、甘さと辛さがバランスよく心地良さを感じます。

後味は泡盛独特の米の風味が、するりと鼻を抜けながらスッとキレていきます。

おぉ、うまいですね~

全体的に味わいの力強さを感じますが、雑味はほぼなく以外とすっきりとした味わいに仕上がっています。

泡盛を久ぶりに試しましたが、後味にくる泡盛ならではの米風味がやっぱいいですね。

これが現地でいただくと、なお一層引き立ちますね。

 

そこで今回は、この時のためにお取り寄せした豆腐ようを肴にしてみました。

爪楊枝の先で豆腐ようをちょいととって、「北谷長老」を口に含みますと・・・

あ~うまい~、実にうまい~

自分は豆腐ようで泡盛をいただくのが好きでして、これはもうやめられませんね。

杯が進みすぎて、とても危険です(笑)

 

そして今回は、さらに大好物の島らっきょうも準備してみました。

ピリッと辛い島らっきょうをポリポリいただきながら、「北谷長老」をいただきます。

おぉぉ、米の甘みが一層引き立ってうまさ倍増です。

正直、泡盛と島らっきょうの組み合わせはこれもやめられませんね(笑)

 

気分だけは沖縄・・・すっかり酔ってしまいました。

泡盛北谷長老」を存分に楽しむことができました。

北谷長老」は、骨太ながらもすっきりとした味わいのうまい泡盛だと思います。

泡盛も沢山の銘柄があるので、まだまだこれから色々と試してみたいと思います。

 

昨年旅した沖縄を少しだけご紹介します。

f:id:toraloc21:20191101122053j:plain

こちらは美ら海水族館ジンベイザメの迫力がすごいですね!

 

f:id:toraloc21:20191101192154j:plain

居酒屋さんでの沖縄民謡ライブ、最高でした。

 

f:id:toraloc21:20191101182024j:plain

海ぶどうと豆腐よう美味しかったです!

沖縄は何度訪れても素晴らしい所ですね。

また必ず訪れてみたいと思います。

その時はぜひ、また泡盛も楽しみたいです。

 

 

伊佐美

暖かく、過ごしやすい日々が続いていますね。

f:id:toraloc21:20161223120000j:plain

本日ご紹介するのは、芋焼酎伊佐美」です。

鹿児島県伊佐市は大口上町の甲斐商店さんの一品です。

甲斐商店さんは、明治32年創業で今日まで長きにわたり焼酎を造られています。

蔵は大口盆地の中にあり、盆地特有の夏は暑く冬は氷点下となる時期もあるという、鹿児島でも寒暖差の激しいところのようです。

代表銘柄は「伊佐美」であり、造られている唯一の銘柄にもなるようです。

甲斐商店さんは、一世紀以上にわたりずっと一つの銘柄だけを造り続けられている・・・いやしっかりと造り込まれ続けておられるのでしょうね。

伊佐美」に対する思い入れのすごさを感じます。

その味わいの評判は全国的にも高いようで、人気も高く今もなかなか入手しづらい芋焼酎ですね。

自分のとある知人は、芋焼酎を口にするようになったきっかけがこの「伊佐美」だったと語っていました。

芋焼酎の概念を、大きく変えた銘柄だったようです。

どんな味わいなのか、とても楽しみになってきました。

原料の芋は黄金千貫で、米麹・黒麹仕込み常圧蒸留で醸された焼酎であります。

 

それでは開栓してみましょう。

香りはといいますと・・・香りはですね・・・・

今年も例年どおり花粉に鼻がやられつつあります・・・(ToT)

しつこく嗅ぐと、ほのかに芋の甘い香りであまり芋芋しくなく華やかな感じですね。

さて定番のロックでいただいてみましょう。

口に含みますと、とろんとした芋の甘みがまず広がります。

そして直後に辛さがフェードインしてきます。

後味は甘さが辛さに対しやや勝りがちで、やがてほっこりとした芋の芳ばしさが鼻に抜けていきます。

う~ん、うまいですねぇ。

後味の芋の芳ばしさはとも粘り強く、最後の最後まで余韻を楽しめますね。

黒麹の焼酎ではありますが、口当たりは強いインパクトでなくどちらかといえば優しく円い感じです。

しかしながら、黒麹らしい芋のコクが実にしっかりとしていて、それは直線的かつクリティカルなところがすごいですね。

全体的に雑味がなくすっきりとした味わいと思いきや、後味の芳ばしい芋のコクで粘り強く攻めてくるうまい焼酎だと思います。

この口当たりから後味の味わいの変化を、きっと甲斐商店さんがずっと造り込みながら守られてきたものだと感じました。

甲斐商店さんには、これからもずっとこの味わいを守り続けていただきたいと思います。

 

さて話は変わりますが、2月といえばバレンタインデーということで妻からこのような素敵なものをいただきました。

f:id:toraloc21:20200215105028j:plain

なんと、「伊佐美」の焼酎生チョコレート!

f:id:toraloc21:20200215105359j:plain

しかも”有田焼”のぐい飲みに入っています!

f:id:toraloc21:20200215105713j:plain

おぉ!なんとも粋ですね~

焼酎の飲み手として、なんとも嬉しいものをいただきました。

今年も妻に感謝です。

 

 

 

赤霧島

2020年の1月もあっという間に過ぎ去ろうとしています・・・

f:id:toraloc21:20150321172448j:plain

 今年最初のご紹介は、芋焼酎赤霧島」です。

宮崎県は都城市霧島酒造さんの一品です。

霧島酒造さんは、大正5年から今日まで長きにわたり本格焼酎を造られております。

宮崎県と鹿児島県の県境にある霧島山を望む場所にあり、蔵の名前はその”霧島山”から名付けられたようです。

霧島酒造さんといえば、焼酎業界では売り上げ一位であり、宮崎県の焼酎生産量が全国一位となっている立役者でもあります。

その代表的な銘柄が「黒霧島」、「白霧島」といった「霧島」シリーズではないかと思います。

今回はその「霧島」シリーズの中の「赤霧島」をご紹介します。

この「赤霧島」は、春と秋の年2回に発売が限定されていたためか、少し前までなかなか入手しづらい焼酎でした。

最近では見かける機会も増えて、ずいぶん入手しやすくなりました。

さてそんな「赤霧島」の 最大の特徴は、原料の紫芋にあるようです。

昭和の終わりに、鹿児島県の山川町で偶然発見された紫芋の新種”山川芋”。

これを原種に品種改良された、”ムラサキマサリ”という紫芋を原料にされています。

ムラサキマサリ”は、黄金千貫よりでんぷん価が高いのだとか。

”赤”は、ムラサキマサリに豊富に含まれるポリフェノールが焼酎麹の生成するクエン酸と反応して、もろみが真っ赤になることに由来しているようです。

どんな味わいなのか、楽しみですね。

キャッチコピーは、「みやびに するっと赤霧島」です。

ムラサキマサリを原料に国内産の米麹・白麹、霧島裂罅水仕込みの焼酎であります。

 

それでは開栓してみましょう。

香りはといいますと、甘みがややしっかりとした芋の香りです。

早速、2020年も定番のロックでいただきます。

口に含みますと、華やかなフルーティーな甘みがまず広がります。

口当たりも優しいですね。

後味もフルーティーな甘みが主体の中にほんのりと辛みが感じられ、するっとキレていきます。

最後の最後に芋の風味がごくほんのりちょこんと鼻に抜けます。

ほうほう、うまいですね。

華やかでフルーティーな香りと甘み、するっとしたキレ・・・

なるほど、「みやびに するっと」とはうまく表現されているなと思います。

全体的に芋芋しい風味は抑えられ、強いインパクトはなく優しい味わいとなっております。

甘みが主体で口当たりがよく、するっと飲めてしまううまい焼酎だと思います。

芋芋しい風味やクセが苦手な方には、オススメの芋焼酎ではないでしょうか。

いつか機会があれば、「霧島」シリーズを飲み比べてみてその味わいの違いを試してみたいなと思います。

今年一年も焼酎を楽しみながら、こんな感じでボチボチとやっていきます。

どうぞよろしくお願いします。